わたしの好きな吉田町

こんにちは。Archiship Library &cafe です。

本日のブログは、8月の終わりが近づくのと同時に夏休みも終わろうとしているのに未だ残っている夏休みの課題を見て毎日びっくりしているウメハラが担当します🐶

突然ですがみなさんはコーヒーのお酒を知っていますか?わたしはコーヒー屋さんをしている知り合いに教えてもらって初めて知りましたが、わたし自身全然お酒が飲めないのでどんな味なのか検討もつきません。お酒が飲める方が羨ましい限りです。夢は酒豪です。

お酒といえば、このカフェがある吉田町には数多くのバーがあります。前に紹介したJAZZバーや美味しいごはんがたべられるバー、展示された写真を見ながらお酒を飲むバーなどがあります。昼間はわたしたちのカフェでのんびり本を読み夜は吉田町のバーでお酒と会話を楽しむような、大人な休日を過ごすのはどうでしょうか🌿デートにぴったりですし、一人で自由に楽しむのも乙ですね。

わたしはこの吉田町が好きなので、来てくださったらとてもうれしいです🐶そしてわたしたちのカフェにもぜひいらしてくださいね!

ウメハラ

 

自己紹介

ウメハラです🐶大学でグラフィックデザインを学んでいます。ギターが趣味で邦ロックが好きです。オススメの本は「倉俣史朗のイメージスケッチ」(B27)です。どうぞよしなに。

広告

カフェランチからの交流会

こんにちは、アーキシップライブラリーアンドカフェ、スタッフの南です。

どんよりとした曇りの日ですね。蒸し返すのが気持ち悪いです。

そんな日、今日はスペシャルフライデーランチでした!メインはベトナム風サンドウィッチ《バインミー》です。

D993CC23-0674-4255-8B76-F3A1DDF2DAA7.jpeg

スパム、なます、葉っぱを硬めのパンに挟んで食べる本格サンドウィッチです。爽やか!!!スパムの塩辛さとなますの甘さが絶妙でした。おかげさまで完売!ありがとうございました😊

さて、現在14:37分ですが、カフェではベルリンからの建築学生との交流会が行われています。

DF5023B1-D092-42CB-ACE1-E0B0DCE75B2B

カフェからレストラン、そして交流会。様々なスペースに柔軟に変化する日。

そういえば、カフェは貸しスペースとして利用できます。企画があって、ここでやりたいという方はぜひ一度カフェにお越しください〜。

 

 

明日はSpecial Friday Lunch🍴

こんにちは!

横浜・関内にあるブックカフェArchiship Library & Cafe です。

明日のSpecial Friday Lunchの紹介です。

明日は14:oo-17:00にかけて貸切予約が入っています。ランチの終了時間14:00(ラストオーダー13:30)と、いつもより少し早くなっているためご注意ください。

明日のメニューはこちらとなっております↓

ランチ

 

ALCstaff きのした

神戸と横浜

こんにちは!Archiship Library & caféのスタッフの きのした です。

出歩くのもためらうほど暑い日が続いていますが、私は本日なんとなく家から歩いて出勤しようと思い徒歩で出勤してみました。(いつもは電車通勤で片道30分)

昼食時間も合わせると3時間ほどかかりましたが、帷子川と大岡川沿いを歩きながら夏休みの時間のある生活を感じていました。

以前自己紹介でもお伝えしたように、私は横浜に来てまだ4ヶ月程度です。これまでの20年間は神戸で生まれ育ちました。今日は少し、私が横浜に来て歩いて感じた東西の港町の違いや共通点について紹介しようと思います。

地形による方角の判断

港町・神戸は南から北にかけて「海→街→山」という構成です。ですので神戸市民はよく「山があるほうが北」という覚え方をします。

横浜に来てから方角を見分けるのに一番苦労しました。湾曲に広がる横浜の港は、自分が今どの方角に向かっているのかわからなくなります。(おそらく慣れれば簡単なのでしょうが、もう少し時間がかかりそうです。)

港エリアの規模

港エリアの商業施設は圧倒的に横浜の方が大きいです。中華街や湾岸部の公園なども初めて来たときにその大きさに驚きました。

さらに2019年10月横浜みなと地区に新たな商業施設「横浜ハンマーヘッド」が開業します。まだ広がり続ける横浜のみなと地区が今後どんな賑わいをみせるか楽しみですね

 

今後、また新しい「横浜と神戸」を見つけたら更新しようと思っています。

Archiship Library & caféは神戸にはなく、横浜吉田町にしかありません。これも横浜の魅力の一つです。

今日もカフェは18時まで営業しています。気軽にお越しください。

ALCstaff きのした “神戸と横浜” の続きを読む