「永久に記憶する煙」イベントのお知らせ

イベントのお知らせです。

アラカンラは阿部文⾹、綾⾨優季、梅原徹、⼄川佳奈⼦で構成されるアートユニッ 

ト。2020年3⽉、予定していた渋⾕での野外パフォーマンスを、コロナ禍で中⽌にせざるを 得なくなったメンバーで結成。「供養を受けるにふさわしい者」を意味する仏教⽤語の「阿羅漢」から、その複数形の「阿羅漢等」をユニット名とする。演劇や建築、⾳楽など幅広く 出⾃を持ち、空間固有の⽂脈を紐解きながら、⾔葉や⾳などを積極的に⽤いる制作を⾏なっ ている。今回の企画「永久に記憶する煙」では、感染拡⼤を「延焼」に例え、現存する防⽕帯建築の⼀室にあるArchiship Library & cafeにて無観客の⾳響上演を⾏う。

会期:2020年10⽉23⽇〜10⽉25⽇

営業時間: 10/23(金) 13:00〜20:00

     10/24(土) 12:00〜20:00

     10/25(日) 12:00〜18:00

料金:一般500円、学生200円(ワンドリンク付き)

企画:アラカンラ 

 テキスト:綾⾨優季 

 ⾳響構成:梅原徹 

 空間設計:阿部文⾹ ⼄川佳奈⼦ 

期間中カフェの営業時間が延長となる曜日がございます。

夜のカフェもまた雰囲気がちがうかもしれません。

ぜひお立ち寄りください。

広告

スティーブンホール

こんにちは。スタッフのみなみです。

本日もサウンドショーケース
Sound Sample Market vol.2
を開催します。

14時からの一部と18時の二部で開催されます。当日券は3500円です。

音の実験をお聴きにいらしてはいかがでしょうか。

さて、本紹介です。

E20256DE-C35A-4033-A6A6-12C8B69FEF97.jpeg

BOOKLIST: Steven Holl ANCHORING

スティーブンホールの作品集です。ホールの建築のボリュームの形は単純な図形の融合と捉えることが容易であり、この作品集ではその形から考えるイメージについて、図を主として語られます。

安定する といった意味のANCHORING をタイトルにしているところから、ホールは純粋な図形を用いることで根源的な物体の安定と、それを見る私たちの精神的安定について見せてくれているのではないかと考えます。

C4の棚にございます。

では!

エレガントなバグ

こんにちは、スタッフのみなみです。

本日と明日はサウンドショーケースSound Sample Market vol.2があります。そのため、カフェの通常営業はお休みさせていただきます。予めご了承ください。

356B980E-CE4C-4DE8-A9D5-08A28B6C00EC

BOOKLIST: ERIC 0WEN MOSS

ロサンゼルスの建築家エリック・オーウェン・モスの作品集です。ある素材、構成が想定外に交差していくスタイルで、一種のバグが発生しているように見えるのが面白いです。しかし、その構成はそれぞれに秩序を保っているため、粗雑な印象は受けません。どこかしらエレガントな空間に見惚れます。

D4の棚にございます。

ではまた!

今週末の営業について

こんにちは、ALCスタッフのミヤガワです。

さて、今週末の営業についてのお知らせです。

11日(土)、12日(日)共に下記イベントのため、カフェの営業はお休みさせていただきます。

イベント開始は夕方からですが、お昼から貸切とさせていただきます。ご了承ください。

イベント詳細 http://ss-mkt.tumblr.com/

sound_191023-01.png

sound_191023-02.png

昨年に引き続き今年も時々担当させていただきます。私自身、来店してくださる皆様との出会いを楽しみにしています。来店の際、気が向いたら声をかけていただけると嬉しいです。

今年もどうぞよろしくお願いします!

ミヤガワ

 

2月開催イベント

いつもご利用いただきありがとうございます。2月のイベントのお知らせです。

ALCでは、今年もTPAMフリンジ参加団体の公演会場として、

下記2団体の公演を予定しています。

(チケットについては、各主催者にご確認お願いいたします。)

TPAM http://www.tpam.or.jp/

★2/9・10・16・17

OWL_DRESS_フルタマル.jpg

FURUTAMARU.「梟の服 -Owl Dress-」

横浜公演「TPAMフリンジ参加」

2019年
2月9日(土)16時/19時
2月10日(日)14時/18時
2月16日(土)14時/18時
2月17日(日)14時/18時

※計8ステージ
※受付開始&開場は開演30分前
※英語字幕あり

会場:Archiship Library&Cafe
交通:「関内」駅より徒歩5分/みなとみらい線「馬車道」駅より徒歩10分
チケット:2,800円
作・演出 フルタジュン

出演 山田伊久磨/清水洋介/フルタジュン
<STORY>

夜の洋服屋にひとりの男が飛び込んで来る。
これから念願の女とのデートだが着ていく服がないと言う。
センスに自信のない男は、店員に服を尋ねる。それは何気ない問いかけだった。
そのやりとりを聞いていたもう一人の店員も、なぜか服を探し始めた。
二人の店員は、次から次へと男に服を見立てながら冷静さを失い始める。
「ファッションとは…」という迷宮の扉を開けてしまった店員達と
「何のことやら全くわからない」着せ替え人形状態の男。
女との約束の時間だけが刻一刻と迫っていた。

<リンク>

フルタ丸HP:http://furutamaru.com/

チケット予約 http://www.quartet-online.net/ticket/owldress4

 

 

★2/11・12

sound_yoko_181028_a.png

“Sound Sample Market vol.1”
Act
浦裕幸 野口英律 佐々木すーじん
11th 19:oo start
12th 15:oo / 19:oo start

@Archiship Library&Cafe

charge
adv ¥3000 /door ¥3500
(1drink付)

ご予約
https://reserva.be/sujin

主催 scscs

<リンク>
イベント詳細 http://ss-mkt.tumblr.com/

イベントレポート➖【親子で本に親しもう!】横浜音芝居 太宰治の「トカトントン」を楽しむ

みなさま、こんにちは。スタッフの塚本です*

先日11月23日に開催された中区ブックフェスタ企画第三弾「横浜音芝居 太宰治の「トカトントン」を楽しむ」のイベントレポートをお知らせしたいと思います。

今回の企画は、中区ブックフェスタに向けてALC発のイベントとして建築以外の人を絡めて何か表現できたら面白いのではないかと考えて、私が在籍している東京芸大の友人たちを集めて半年前から企画を作り上げてきたもので、昨年もこの中区ブックフェスタで、子供向けの企画でダンボールハウスWSを開催したところ好評だったため、今回も親子で楽しめる内容で企画を進めてきました。
太宰治のトカトントンは中区ブックフェスタの今年のテーマである「昭和の横浜」というところからインスピレーションを受けています。横浜の軍需工場を舞台に、主人公が金槌を打つ音が頭から離れなくなって様々なシーンでその音がどこからともなく聞こえてくるという物語を、水彩画と音楽と朗読を組み合わせて表現したお芝居という内容になりました。
太宰治のトカトントン自体はちょっと暗いというか陰鬱な物語を所々少し面白がって書いてみるようなところがあるので、それを表現するところがこのお芝居のミソでした。

本番までの準備は大忙しでお客さんが集まるかかなり不安でしたが、当日はたくさんのお客さまに来ていただき、みなさんに盛り上がっていただけて本当に良かったです!目論見通り大人も子供も楽しめる会になったのではないかなと思っています!

IMG_2833IMG_2938IMG_2939

今回は会場の装飾も学生たちで工夫しました。
ALCの道路側のファサードに、トカトントンのロゴイメージをシールで貼り付けて吉田町商店街を歩く人たちにアピールしたり、昨年に引き続いて今回もタイルカーペットを東リ株式会社さんに協賛・協力して頂くことができたのでお子様用の席も用意できました!
(東リ株式会社さん本当にありがとうございました!)

IMG_2807

IMG_2940
また次があるかは未定ですが、どこかで再演できると嬉しいなと思っています。
当日ご来場いただいた方々、ご支援くださった企業様、運営スタッフの皆さん本当にありがとうございました!

スタッフ塚本

*****************************************
【公演情報】
「横浜音芝居 太宰治のトカトントンを楽しむ」@Archiship Library&Café
11/23(木) 15:00~17:00

出演者
企画 :
塚本安優実 ( 美術研究科建築専攻 ) 石井紗和子 ( 国際芸術創造研究科 )
演出:
檜山真有 ( 国際芸術創造研究科 )
絵画 :
名執英伍 ( 油画科 )
音楽 :
桑原幹治 ( 音楽環境創造科 ) 室本拓人 ( 作曲科 )
語り : 吉田まほ
協力 Archiship Library&Café,TOLI/東リ株式会社