【関内外open!14】吉田町防火帯建築×大岡川沿いの街歩きツアー無事終了!

こんにちは、ALCスタッフの黒田です。

いつもArchiship Library&cafeをご利用いただきありがとうございます。

本日、関内外OPEN!14《出航!スタジオツアーズ》として吉田町防火帯建築×大岡川沿いの街歩きツアーが行われました!

その様子をみなさんにお伝えしようと思います。

たくさんの参加者の皆様が集まってくれました!

天候にも恵まれ、絶好のまち歩き日和となりました。

参加者の方にはこの町に馴染みがある人もない人も居たのですが、みなさんこの町の面白さ、魅力を改めて発見できたようです。

1時間ほどの散策の後、カフェに戻ってくると、3種のビールの飲み比べをしました🍻

その後はトートバッグに記念のスタンプを押して終了です!

お酒を飲みながら話も盛り上がり、賑やかな一日になりました!

今回参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

★【2022年10月3日追記】

Archiship Libaray&Cafeの塚本です。街歩きツアーが無事終了しました。

前日の夜に参加者の人数を確認したところ3名ほどだったのですが、当日の朝には10名まで埋まっていて本当に驚きました。参加頂いたツアー客の皆様には感謝申し上げます。

また今回のイベントの企画に携わって頂いたサブコンダクターの田邊裕之さん/わかすぎ雨魚さん・ACY杉崎さん・関内外open!14の関係者の皆様ありがとうございました。

イベントが終了し改めて感じましたが、関内外open!という町全体を巻き込んだ2日間のイベントを成功させるのは並大抵のことではありません。事前の調整や、広報活動、仮設建築のセッティングなど多岐にわたる調整が必要になるかと思います。

この2日間で行われた関連イベントの多様さと、実際に関内外で活動されているクリエイティブな人々や活動に出会える機会を作って頂き横浜を拠点にしているクリエイターの方々の底力を感じました。

私自身全てのイベントに行けたわけではないのですが、10/1(土)のオンデザインイッカイの内覧会にお邪魔し大変刺激を受けました。

”設計事務所をまちにひらく”という共通点はありますが、開き方も、事務所毎に全然違うなと感じるきっかけになりました。

気軽に足を運べる建築事務所がまた一つこの関内外に増えたという事で今後がとても楽しみですね!

広告

ホットコーヒー天気予報

こんにちは!ALCスタッフのLeeです。

いつもArchiship Libaray&Cafeをご利用いただきありがとうございます。

今日はコーヒーについて雑談をしようと思います。

さて、ホットコーヒーで天気予報できるというお話って聞いたことありますか?

カップに熱いコーヒーを注いだ時、表面に自然と小さな泡が立ちます。

その泡の形や動きを確認することで天気予想ができるのでしてみましょう!

泡が中心に集まっていたら?

あなたを囲む高気圧がコーヒーの表面の中心を少し柔らかくしたということです。

高気圧の影響で一日中晴れでとても素敵なお天気が予想されます!

泡がカップの端にすぐ動いたら?

こちらも高気圧の影響により12時間以内で晴れることを予想できます。

泡がカップの端にリングを形成するとしたら?

今いるところが低気圧の影響によりコーヒーの中心がくぼんでしまい、気泡が端に集まっています。

この場合は12時間以内に雨が降るので、傘や雨具を用意した方が良いです!

泡がゆっくりと端に動いたら?

雨は降っているかもしれませんが、何時間内にすぐ晴れます。

なので、外でご予定がある方はご安心を!

この実験において重要なポイントは、濃くブルーミングされたコーヒーであることです。

正確性のためにコーヒーの油分も十分でなければなりません。

そして当然のことですが、コーヒーカップも水平を維持しなければならないです。

コーヒーをコップに入れたのに泡が立たない?!

それなら、スプーンでコーヒーをすくう作業を複数すると泡が作れます。

理論上だと可能である実験ですが、実際にやってみると当たらないことが多いという。。

でも、一回ぐらいは試しにやってみるのは面白い経験になるのではないかなーと思います。

濃いコーヒーを一杯を飲む理由として!

ALCのホットコーヒーで試しにやってみるのははいかがでしょうか?

オンライン・カフェフィットネス 開催!!

おはようございます!ALCスタッフのみなみです。

長らくカフェはコロナウイルスの状況を懸念し臨時休業(5/6までの予定)しており、非常に残念で苦しい気持ちでありましたが、久しぶりに最高なお知らせをご用意しました!

《オンライン・カフェフィットネス》を4/25(土)あさ10:00〜10:40に開催します!

 

オンラインカフェフィットネスとは

ALCでは去年から《ALC CAFE FITNESS》を開催しています。

本に囲まれた空間でフィットネスをして、日々の体の疲れを解きほぐそう、という内容です。今年も開催予定でしたが、現在の社会状況を懸念し中断しております。

そこで、オンラインにてライブ配信し、おうちに居ながらにしてフィットネスを楽しむ、《オンラインカフェフィットネス》という企画を考案しました。

ご参加されるお客様はお手持ちのパソコンやスマホでご覧になりながら、ご自宅で身体を動かす約30分間の朝フィットネスを体験いただけます。

参加は無料です。

どうぞ、ご参加ください!

・・・

下記URLは当日4/25に参加可能です。

https://zoom.us/j/545360223?pwd=enppaWUzSHhTcGpRbjg1bURxUDNIZz09

また、参加される際は下記のIDとパスワードを入力し、ご参加ください。

ミーティングID: 545 360 223

パスワード: 031346

・・・

現在カフェはコロナウイルス感染拡大状況を懸念し、臨時休業をさせていただいております。カフェ再開の見込みが立ちましたら公式SNSにてお知らせいたしますので、どうぞお越しください。

それでは!

Archiship Library&Cafe

カフェ雑感 210401

ご報告ですが、本日、アーキシップライブラリーカフェはオープンして10年目に入りました。

2011年大震災の後いろいろ考えた末事務所を街に開く方法としてブックカフェを思い立ち、横浜市に相談して吉田町を紹介され即馬車道から移りました。

凄まじく荒れたガランドウの空間に、厨房、トイレ、空調などを新設し、打ち合わせテーブルや本棚をそのまま使い2012年4月1日なんとかスタートしたわけです。

一方でここがサロンのような、集会室のような、街の広場のような場所になればと思い、テーブルを収納して30人ほど座れるようにもしました。

これまでコンサート、映画、芝居、講演などの自主企画のほか要望に応じて読書会、大学の授業、あるいは雑誌、映画やTV、コマーシャルの撮影などにも貸し出しています。

カフェは、平均一日2、3人。確か15人が最高記録です。学生に来てもらいたくて安くしていますがなかなか増えないですね。

去年コロナで大学がロックアウトされていた時学生支援で1ヶ月無料にしましたがそれでも52人/月でした。

ただ、未だに初めて来られるお客さんも多く、なんとか続けようと思うモチベーションになっています。

まあ、その都度考えたことを勝手に実行してきただけですが、それができているのもスタッフのおかげだと感謝しています。

横浜市から補助金をいただく時最低5年は続けてください、と言われましたがなんとか倍返しはできそうです。

コロナで不自由な時期が続いていますが、お近くに来る用がある方はどうぞ脚を伸ばしてみてください。

美味しいコーヒーと静かな時間だけは保証します。時々店主がウロウロしていますがご愛嬌といなしてください。

これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年4月1日

アーキシップライブラリーカフェ
飯田善彦

黄金町・日の出スタジオのchair coffee roarstersさんでWSに参加しました!

Archiship Library&Cafeと飯田善彦建築工房のスタッフ有志で日の出スタジオにあるchair coffee roarstersさんでコーヒーのWSを行いました!

Chairさんは今年の7月からオープンしたとても素敵なお店です。 世界各地から取り寄せたお豆を自家焙煎して、こだわりのコーヒーを作っておられます*

今回の講師は、オーナーの伊藤綾子さん! 元々は紅茶を専門とされていたそうで、食や空間にまつわることをお仕事にされているそうです。

またお店が入っている黄金スタジオは、飯田善彦建築工房が設計した建築で、このように素敵なお店が展開されているのはとても嬉しいです。

さいきんのお気に入りスポットとなっております♪

6種類の豆をつかって、みんなで味や匂い、淹れ方に集中しました。自分の味覚や嗅覚を言葉にするのはとても難しくて、「もっと言語化できるようになりたい!」、「味覚や嗅覚の幅を広げたい!」などそれぞれに新しい課題も見えてきてとっても面白かったです。

(そのままおひるごはんも食べちゃいました★笑)

日ノ出スタジオ

Chair Coffee Roasters

photo by Y.Yamashita

関内外open!12に参加します!

立て続けのお知らせとなります、(少し時間と心に余裕ができたのでALC関連のお知らせと活動を発信させてもらいます。)塚本です。

今年もALC・飯田善彦建築工房は関内外open!に参加していますがなんと今年はオンラインでの開催となりました!

幹事の方がまず関内外で活躍される若手の先輩方たちで、さらにその下の年代になるフレッシュマンとしてピックアップして頂きトークに参加しました!

=============================

[関内外OPEN!12 OPEN CREATIVE] https://www.kannaigaiopen.jp

関内外OPEN!12ディレクター企画「フレッシュマンのインプット術」

関内外OPEN!12のディレクター企画として、関内外で働く90年代生まれの若手のみなさんに、普段の仕事のアウトプットや、その仕事や自身の創造性を高めるためのインプット術についてお聞きしました。

話し手(五十音順・敬称略)

伊藤幹太(株式会社YADOKAR/プロデューサー)

今井祐里(株式会社セオ商事/アシスタントディレクター・フィロソファー)

内海潤也(NPO黄金町エリアマネジメントセンター/キュレーター)

塚本安優実(株式会社飯田善彦建築工房)

司会・企画・編集 小泉瑛一(about your city/関内外OPEN!幹事)

撮影 堀篭宏幸(芙蓉堂)

会場 Archiship Library & Cafe

トークの中に出てきたリンクはこちらから。

黄金町エリアマネジメントセンター  #YADOKARI  #飯田善彦建築工房 # セオ商事ニッポン複雑紀行  #コーツトカフェ #ジェーン・スー生活は踊る 横浜グラスルーツ  #七草 #A’holic  #KYOTO GRAPHIEえんちゃん農場パートナーズ  #ニューQ Issue1 新しい問い号黄金町バザール2020  #未来ヨコハマカルチャー会議Archiship Library & Cafe

=============================

私自身横浜のまちなかで働き、住み始めてもうすぐ一年なのですが、同世代で関内外で働く方たちとトークする機会というか知り合う機会がなかなかなかったことに気づきました(笑)(事務所にこもりすぎてたな・・・と反省。(笑)働く人が集まる場所をつくるという意味ではALCのよる営業やったほうがよいのでは・・・)

また黄金町エリアマネジメントセンター・キュレーターの内海さんは藝大の先輩なので、学生の頃から展覧会をつくっている様子を拝見してました。卒業後も上野での学びを横浜で実践されてまちをアートで盛り上げて頑張っている姿に刺激をもらいました!

ヤドカリの伊藤さんは、まちづくりのプレイヤーだったり企画を考えたりしながらも旭区の農場を運営されていると聞いて驚きました。都市暮らしも里山暮らしも両方できる横浜って面白いなと改めて思いましたし、もっと聞いてみたかったです。

セオ商事の今井さんは、哲学を専攻されていたとのことでいまはウェブ関連や企画のお仕事をされているようで、本をつくったり新しい職能を作り出しているところが凄いです。ニューQを2冊頂きましたが、哲学を色んなきりくちで特集したり写真や絵も豊富なのでビジュアルも綺麗でとても面白かったです。

と、そこに塚本という組み合わせでしたが、私自身は固い話しかできずちょっと不完全燃焼でした・・・。が、皆さんそれぞれ横浜に根をおろして活動していてとても楽しそう&楽しいです。逆にまだまだそれぞれの活動が認知されてない感じが勿体ない・・!

そんなフレッシュマンから重鎮まで集まっている関内外はおもしろいまちです、この機会に色んなクリエイティブが集結している関内外open!12ぜひ覗いてみてください~!

ALC・飯田事務所もどんどん発信していきたいと思います*