カフェ雑感 vol.11

皆さま明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

2017年が暮れて2018年が静かに明けました。
北海道や北陸は大雪で大変ですが、横浜は気持ちよく晴れ上がり穏やかな新年です。

といっても正月らしい気分はあまり感じられず近所の神社への参拝客の行列がわずかに風情を伝えているのがせいぜいです。昔のような新年らしい改まった特別な空気はもはやどこにもありません。ネットでの売り買いが当たり前になった今では、デパートの福袋に長蛇の列ができた消費への熱気も今は昔、というか、そもそもモノにこだわることすら流行らない。

それにしてもこの変化の速さは何でしょう?社会を覆う空気感のみならず、あらゆる領域で進行するとりとめの無さ、おちつく間も無く訪れる次の事態に備えるため宙ぶらりんにされる感覚が不安感をかき立てます。2017年末株高はバブル期に迫り多くの上場企業が最高益を生み出した、と報じられました。しかしながらバブル期のようなわかりやすい高揚感は、社会に全く感じられません。失われた20年と言われるデフレが積みあがった年月が凝り固まった重石のように効いていて、格差や少子高齢化が進む構造的トラウマを壊すことができないでいます。

また、アメリカのトランプ、中国の習近平、ロシアのプーチン、そして言わずもがなの北朝鮮の金正恩とキャラが立ったナショナリストが勢ぞろいし、おまけにイギリスがEUから脱退する、経済のグローバル化、IT化が急激に進行するベクトルに対して真逆に動く政治の世界。民族対立、部族対立も含め世界がグローバリズムとナショナリズムの間で振動しています。宇宙船地球号のイメージをバックミンスター・フラーが示したのが60年代、それから半世紀を経てなお地球が一つになる気配さえありません。近年話題になった「サピエンス全史」の中で著者のユヴァル・ノア・ハラリは、人類の向かう方向は統一だと言っています。かつて無数に分かれて争っていた人類は次第に統合を続け今ようやく200前後(国家数)まで来たわけです。日本も安倍一強内閣が次から次と内部から問題を起こし安定どころか不安定な状況を自分から生みだしています。さらに地震や豪雨など自然の脅威が輪をかけて揺さぶります。エネルギー一つとってもフクシマ以降志向したはずの自然エネルギーに向かう施策は棚上げにし原子力発電が復活する、このどこまでも拠り所のないよくわからない状況はいつまで続くのでしょう?

私たちが専業する建築の世界もこのよくわからない気分に完全にシンクロしているようにみえます。ゼネコンはどこも最高益を記録しながらも人材不足、働き方改革、コンプライアンスに挟まれて身動きがとれない、とても最高益を謳歌する余裕はありません。設計の世界はどうでしょう。10年前に横浜国大意匠系大学院Y-GSAを作ったとき、建築は未来をつくる、というスローガンを掲げました。世界のさまざまな問題に対し建築が解答となるだけではなくむしろ世界を先導するイメージです。建築家はそのような建築を生みだす、つまり社会にコンセンサスを生みだす存在である、と主張したわけです。しかしながらストック社会が進行し建築の役割はすっかり変質しています。古い建築をリノベーションすることに価値があり、新しい建築を生みだすことはむしろカッコ悪い。ましてや新しい形に挑戦するなどもってのほか、望み、憧れながらも自分を手近なイメージしやすいところに縛り留めてるようです。

さて、カフェは今年4月に7年目に突入します。横浜市との約束の5年はとうに過ぎました。今までいろいろやってきましたが2018年はどのように運営していけばいいでしょう?Archiship Library &Cafeにとって重要な基本が2つあります。言わずもがなですが、まずこの「場所」があること、そして今は4,000冊近い「建築、アート本」があることです。この原点を活性化することを考えたい。カフェをやり続けることは最低限の活動であるとしてさらに場所、本をより多くの方達に利用してもらう方策を探っていきます。

いろいろな意味で閉塞感を壊したい、やりたいことを重ね、充足感のある日々を過ごしたい、その実現を目指し考え、行動したいと思います。

今年もArchiship Library &Cafe をご利用ください、何卒よろしくお願いいたします。

Archiship Library &Cafe
代表 飯田善彦

広告

カフェ雑感   vol.10

2016年もまもなく暮れようとしています。

年々、年が暮れ、お正月が来る、という感じがうすれ、年の変わりが平板になっているように思います。しかも速い。あっという間に時間が過ぎていきます。

昨日、2016年の出来事をテレビ番組で1月から順に総括していました。それなりに激動の1年で、熊本地震や台風などの自然災害から、イギリスのEU離脱、大量のシリア難民、各地で発生するイスラム国のテロ、極め付きはアメリカ大統領選でのトランプの勝利、でしょうか。これまでのアメリカ大統領のイメージを覆す()下品なナショナリストの登場は、アメリカという国ですら自由で開放的な国家ではなくなっている証左、これからの世界の方向を示しているように思えてなりません。自国産業が不法移民に占拠される、中国から大量に物が入り貿易赤字が増大し続けている、EU(即ちNATO)、ロシア、中東、アジア、当然日本、それぞれの関係において特に軍事的側面がギクシャクし、TPPも同様で自国の生産を優先せざるを得ない。世界のアメリカが、単なるアメリカ国に戻っていく。フランスもドイツもオランダもイタリアも難民やテロを口実に、保守、右派が急激に台頭しています。日本も北朝鮮や中国の脅威を背景に、9条改正、自衛力の強化、戦闘可能性に向かうでしょう。

平板だと感じる程、もしかすると、というか明らかに僕自身の感性が鈍っている。その時々に何か感じていても、自分のことに、とても狭い自分中心の世界にとらわれすぎているのでしょう。井上陽水の「傘がない」と同様、世界が変わっている最中でも自分の身近なことにしか関心が向かない、良くも悪くもそんな状況でしょう。気がついた時にはもう取り返しがつかなくなっている、という事態だけはなんとか避けたいです。

相変わらずとりとめもない話ですみません。

これからが本題ですが、つい最近、1223日にALC叢書02として、「高宮真介 建築史意匠講義II  日本の建築家20人とその作品を巡る」を刊行しました。

 

   ▲【西洋編】と【日本編】の2冊組は特製ケースつき!

これは、2015年、1年間に渡ってカフェで開いた高宮真介さんと大川三雄さんの日本近代建築史の講義をまとめたものです。 2014年の西洋近代建築史の連続講義本、ALC叢書01に続く第2弾になります。どちらも2700円+消費税、また、兄妹本でもあるので2冊組みの箱入り特別本も作りました。これは流通上別扱いなので、3種の本をカフェから出版したことになります。もうカフェのカウンターに並べました。アマゾンや書店では消費税がかかりますが、カフェでは2700円で販売します。皆さま是非お買い求めください。スタッフの皆さんは、お客さんに紹介して興味を持ってもらうように話してください。建築関係者や建築学生はもとより、建築に興味を持つ全ての人たちにとって、現在の多彩な日本建築につながる近代史をおさらいするいい機会であり、高宮さんの歴史観も満開のとても面白い内容です。

また、129日日曜日に、2年間の受講者の方たちを中心にお招きして(会費制ですが)高宮さん、大川さんに来ていただいて出版記念パーティーを開く予定です。ソプラノ歌手の丸尾有香さんに歌っていただく時間もあり、近くのSAKAEのケータリングも予定しています。もちろん受講生以外も参加できますので楽しみにしてください。

さて、皆様にとって、また、世界にとって、2017年が良いことだらけの素晴らしい年でありますように心からお祈りいたします。

2016年、1年間カフェをご愛顧いただきありがとうございました。そして2017年、始めて6年目に突入しますが、引き続きアーキシップライブラリー&カフェをよろしくお願いいたします。

20161230

飯田善彦

【中区ブックフェスタ街歩きツアー】イベントレポート

みなさま、いつもArchishipLibrary&Cafeをご利用いただきありがとうございます。

先日、11月12日(土)に中区ブックフェスタのイベント第三弾で街歩きツアーを開催しました。

この企画もカフェスタッフ同士の話し合いのなかで、普段行かないような中区の「裏の部分」を知れるようなツアーをやってみたいねという意見からこの企画案が浮上しました!

ツアーでまわる順路をカフェスタッフと飯田さんで検討した結果、カフェをスタート地点にして、都橋を渡り、大岡川に沿って京急の高架下を見学し、野毛山をのぼっておりて吉田町に戻るというルートに決定しました。

img_0969

参加者は、吉田町にお住まいの常連さんや横浜市内の高校に通う女子高生、普段からお仕事で関内外に来る機会が多いという方など、それぞれにこの中区と関わりのある人たちが多く、新しい発見を求めてこの企画に参加してくれたみたいでした。

ツアー当日は、11月のなかばというのに気温もあたたかく最高のお散歩日和でした。

img_0982

img_0994

img_0999

カフェを出て都橋を渡ったら、普段ちょっと足をいれるのをためらってしまうようなディープな飲み屋が並んでいる都橋商店街を探検したり、黄金町バザールの日常の様子(小学生がまちのなかを走り回り、道端で各々に工作をしているなど)におどろいたり大岡川沿いだけでもすでに見どころ満載!

img_1057

(ここの工作教室はなんと小学生の会員数が100人を超えているらしいですよ・・・!)

img_1071

 

高架下をどんどん歩きすすめたあと、野毛山の坂をのぼって、casacoに向かいました。

casacoは今年の4月にできたばかり!

すでにまちのなかに溶け込み、公民館のような場所になっていました。

img_1092

この建築を設計したのはtomito architecture(トミトアーキテクチャ)の冨永さんと伊藤さん。おふたりは飯田さんの教え子でもあり、横国の建築学生が多いカフェスタッフの先輩でもあります。

今回のツアーでは冨永さんから直接お話を伺うことができました。

tomitoのお二人は設計だけでなく企画から運営まで関わっており、ほかにも地域住民やNPO法人と一緒にこの場所をつくっています。地域の見えないネットワークが顕在化されるような場所としてのあり方や、地域住民との関係性を積極的につくっていく過程をお話いただきました。

img_1109

img_1101

余談ですが、実際にこのツアーに参加していた女子高生二人も学外活動で参加しているNPOでこの場所を合宿で使ったことがあると聞いて大変驚きました。

 

このあと野毛山動物園のよこを通って、急な坂をおりて横浜市立図書館を目指します。

img_1122

img_1123

戦後モダニズムの代表的な建築家である前川國男設計のこの図書館。

前川國男の紹介や、この図書館の建築の特徴などを飯田さんに解説してもらいました。

 

そして野毛の坂を降りて、吉田町のカフェにもどります。

最後に休憩もかねてカフェでドリンクを飲みながら、ツアーの振り返りをして解散となりました。

img_1128%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

今回はじめての試みだった街歩きツアーでしたが、大好評でした。参加者の方々からは普段行かないような場所を見学することができたり、建築的な視点でまちを見ることができて面白かったとの声を聞けてとても嬉しい気持ちになりました。

参加者とスタッフ同士でも、行きつけの飲み屋さんを教え合ったりと歩きながら会話がはずんだりするのも街歩きの醍醐味で、まだまだこの吉田町のまわりには知らないお店や深い歴史があるのだなあと改めて感じることができました。

参加者のみなさまありがとうございました。

 

 

 

中区ブックフェスタ―ダンボールハウスWSのイベントレポート―

みなさま、いつもArchiship Library&Cafeをご利用いただきありがとうございます。

10月22日(土)に中区ブックフェスタのイベントとしてダンボールハウスワークショップを開催しました。

この企画は、学生スタッフでアイデアを出して行ったイベントの一つで、幼稚園児〜小学生くらいの年齢を対象に親子参加で、カフェスタッフが付き添ってダンボールを使った1/10の家の模型を制作します。

普段小さな子供たちがカフェを利用することは少ないので、この機会に「カフェのことを知ってもらいたい!」、「建築に触れてもらいたい!」という思いから、この企画を発案しました。

企画段階では、カフェの床にタイルカーペットを敷き詰めて床でも作業できることや、小さな子どもでも危険がないようにダンボールハウスをつくるにはどうしたら良いかなど話し合いました。

img_0052img_0313

大きさは??屋根の勾配は??壁の厚みはどうしよう??

 

 

前日まで組み立て準備や家具などの添景づくりなど、本物の建築模型さながらの準備をして本番当日!!!

中区ブックフェスタのチラシをみて応募して下さった5家族が参加し、幼稚園〜小学3年生くらいまでの子どもたちが集まって、とてもにぎやかな雰囲気でした。

みんな真剣にどんな家をつくろうかと試行錯誤中!

img_3859

img_3860

(楽しげなカフェの雰囲気にとなりのスポーツ用品店の店主も見物にいらしてくれました・・・!)

 

2階建てのダンボールハウスのなかにそれぞれ思い思いの家具を配置し、大小さまざまな窓を開けるなど個性的なダンボールハウスができあがりました!

最後に家のテーマや、大変だったところなどを一人ひとりプレゼンテーションしました。大学の授業のなかの設計課題で行われる、講評会みたいで面白い光景です。

img_5318

 

ダンボールハウスはそれぞれ子どもたちのアイデアや個性が反映された、とても素敵なものになりました!

またカフェスタッフからのプレゼントとして、それぞれの参加者の写真を使った1/10の自分の添景を飾って完成となりました*(子どもたちはとても喜んでくれたようです!)

WS終了後、鑑賞&写真撮影しながらカフェのドリンクを飲んでひとやすみ・・・

img_5345

 

参加していただいみなさまありがとうございました。

今回のWSは、普段利用が少ない年齢層のお客様に来ていただけてとてもうれしい一日となりました。

今後もこのような小さなお子様を対象としたイベントを機会があれば、開催していけたらと思っております*

%e9%9b%86%e5%90%88%ef%bc%91

 

協賛・協力:東リ株式会社