Staff Recommends

IMG_6108のコピー*書籍紹介「防火帯建築群の再生 スタディブック」

このカフェの建物、少し他のビルと様子が違いませんか?
実はこの建物は1957年に竣工した”防火帯建築”なのです。
防火帯建築って、、、何?
そんな疑問にもわかりやすく答えてくれるハンドブックです。
関内関外地区には沢山の防火帯建築があるので、この本をきっかけに町の外観を見てみると、少し雰囲気が違って見えてきます。
この本は小さくて薄いですが、中身のたくさん詰まった濃厚な1冊です。
非売品なので、ご興味のある方はぜひともカフェにお越しください。
(スタッフS.T.)

Title:防火帯建築群の再生 スタディブック
Author:特定非営利活動法人 アーバンデザイン研究体
Photographer:竹末猛
Shelf No.:D1

広告

Staff Recommends

*書籍紹介「金沢21世紀美術館」

A0253金沢に行くと、とても大きな円形の美術館があります。突如降ってきたUFOか、と思いつつ入ってみると日本の縁側のような空間が広がり、地域にとても根ざした美術館です。
この本を読んで頂くと、この建物の魅力が言葉でも写真でも解説されています。まだ見たことがない方は、パラパラと見てもらってすぐ金沢に行くことをオススメします。
美味しいゴハンや兼六園、町家など、金沢のまちに触れながら、21美に足を運んでください。(スタッフH.T.)

Title:妹島和世+西沢立衛/SANAA 金沢21世紀美術館
Author:長谷川裕子、鷲田めるろ
Shelf No.:E8

Staff Recommends

*書籍紹介「日本木造遺産」

日本全国の多種多様な木造建築を写真家・藤塚光政氏の撮影記とともに楽しめるこの本がおすすめです。藤塚氏が撮影した写真たちは、1枚1枚主役級でその瞬間でないと撮ることができない劇的なタイミングがあるのだと気付かされます。
この本に紹介されている「大瀧神社」を実際に見に行きましたが、写真の方が迫力があったなあ・・・なんて思うほどです。しかし、この本に載っている木造建築はどれも力強く、実際体験してみたいと思わせるものばかり。今日まで残っていてくれてありがとう!とお礼を言いたくなるような建築と出会える本です。(スタッフA.T.)

Title:日本木造遺産
Author:藤森照信 藤塚光政
Photographer:藤塚光政
Shelf No.:E23

Staff Recommends

*書籍紹介「Luis Barragán: His House」

Luis barragan his houseメキシコの建築家、ルイス・バラガンの自邸を探求するガイドブックのような一冊。竣工当時の写真と現在の写真が織り交ざることで、バラガン自身の視点とカメラマンの視点が微妙にズレたり重なったり、この家の奥行きを感じることができます。
巻末にあるトレーシングペーパーに印刷された図面も秀逸。レイヤー状に重ねて見ることができ、立体的に理解しやすい図面です。図面と写真を照らし合わせて巡ってみれば、新しい気づきを得られるはずです。(スタッフY.Y.)

Title:Luis Barragán: His House
Author:Daniel Garza ほか
Photographer:Alberto Moreno Guzmán ほか
Shelf No.:E2