イベントレポート➖【親子で本に親しもう!】横浜音芝居 太宰治の「トカトントン」を楽しむ

みなさま、こんにちは。スタッフの塚本です*

先日11月23日に開催された中区ブックフェスタ企画第三弾「横浜音芝居 太宰治の「トカトントン」を楽しむ」のイベントレポートをお知らせしたいと思います。

今回の企画は、中区ブックフェスタに向けてALC発のイベントとして建築以外の人を絡めて何か表現できたら面白いのではないかと考えて、私が在籍している東京芸大の友人たちを集めて半年前から企画を作り上げてきたもので、昨年もこの中区ブックフェスタで、子供向けの企画でダンボールハウスWSを開催したところ好評だったため、今回も親子で楽しめる内容で企画を進めてきました。
太宰治のトカトントンは中区ブックフェスタの今年のテーマである「昭和の横浜」というところからインスピレーションを受けています。横浜の軍需工場を舞台に、主人公が金槌を打つ音が頭から離れなくなって様々なシーンでその音がどこからともなく聞こえてくるという物語を、水彩画と音楽と朗読を組み合わせて表現したお芝居という内容になりました。
太宰治のトカトントン自体はちょっと暗いというか陰鬱な物語を所々少し面白がって書いてみるようなところがあるので、それを表現するところがこのお芝居のミソでした。

本番までの準備は大忙しでお客さんが集まるかかなり不安でしたが、当日はたくさんのお客さまに来ていただき、みなさんに盛り上がっていただけて本当に良かったです!目論見通り大人も子供も楽しめる会になったのではないかなと思っています!

IMG_2833IMG_2938IMG_2939

今回は会場の装飾も学生たちで工夫しました。
ALCの道路側のファサードに、トカトントンのロゴイメージをシールで貼り付けて吉田町商店街を歩く人たちにアピールしたり、昨年に引き続いて今回もタイルカーペットを東リ株式会社さんに協賛・協力して頂くことができたのでお子様用の席も用意できました!
(東リ株式会社さん本当にありがとうございました!)

IMG_2807

IMG_2940
また次があるかは未定ですが、どこかで再演できると嬉しいなと思っています。
当日ご来場いただいた方々、ご支援くださった企業様、運営スタッフの皆さん本当にありがとうございました!

スタッフ塚本

*****************************************
【公演情報】
「横浜音芝居 太宰治のトカトントンを楽しむ」@Archiship Library&Café
11/23(木) 15:00~17:00

出演者
企画 :
塚本安優実 ( 美術研究科建築専攻 ) 石井紗和子 ( 国際芸術創造研究科 )
演出:
檜山真有 ( 国際芸術創造研究科 )
絵画 :
名執英伍 ( 油画科 )
音楽 :
桑原幹治 ( 音楽環境創造科 ) 室本拓人 ( 作曲科 )
語り : 吉田まほ
協力 Archiship Library&Café,TOLI/東リ株式会社

広告