カフェ雑感   vol.10

2016年もまもなく暮れようとしています。

年々、年が暮れ、お正月が来る、という感じがうすれ、年の変わりが平板になっているように思います。しかも速い。あっという間に時間が過ぎていきます。

昨日、2016年の出来事をテレビ番組で1月から順に総括していました。それなりに激動の1年で、熊本地震や台風などの自然災害から、イギリスのEU離脱、大量のシリア難民、各地で発生するイスラム国のテロ、極め付きはアメリカ大統領選でのトランプの勝利、でしょうか。これまでのアメリカ大統領のイメージを覆す()下品なナショナリストの登場は、アメリカという国ですら自由で開放的な国家ではなくなっている証左、これからの世界の方向を示しているように思えてなりません。自国産業が不法移民に占拠される、中国から大量に物が入り貿易赤字が増大し続けている、EU(即ちNATO)、ロシア、中東、アジア、当然日本、それぞれの関係において特に軍事的側面がギクシャクし、TPPも同様で自国の生産を優先せざるを得ない。世界のアメリカが、単なるアメリカ国に戻っていく。フランスもドイツもオランダもイタリアも難民やテロを口実に、保守、右派が急激に台頭しています。日本も北朝鮮や中国の脅威を背景に、9条改正、自衛力の強化、戦闘可能性に向かうでしょう。

平板だと感じる程、もしかすると、というか明らかに僕自身の感性が鈍っている。その時々に何か感じていても、自分のことに、とても狭い自分中心の世界にとらわれすぎているのでしょう。井上陽水の「傘がない」と同様、世界が変わっている最中でも自分の身近なことにしか関心が向かない、良くも悪くもそんな状況でしょう。気がついた時にはもう取り返しがつかなくなっている、という事態だけはなんとか避けたいです。

相変わらずとりとめもない話ですみません。

これからが本題ですが、つい最近、1223日にALC叢書02として、「高宮真介 建築史意匠講義II  日本の建築家20人とその作品を巡る」を刊行しました。

 

   ▲【西洋編】と【日本編】の2冊組は特製ケースつき!

これは、2015年、1年間に渡ってカフェで開いた高宮真介さんと大川三雄さんの日本近代建築史の講義をまとめたものです。 2014年の西洋近代建築史の連続講義本、ALC叢書01に続く第2弾になります。どちらも2700円+消費税、また、兄妹本でもあるので2冊組みの箱入り特別本も作りました。これは流通上別扱いなので、3種の本をカフェから出版したことになります。もうカフェのカウンターに並べました。アマゾンや書店では消費税がかかりますが、カフェでは2700円で販売します。皆さま是非お買い求めください。スタッフの皆さんは、お客さんに紹介して興味を持ってもらうように話してください。建築関係者や建築学生はもとより、建築に興味を持つ全ての人たちにとって、現在の多彩な日本建築につながる近代史をおさらいするいい機会であり、高宮さんの歴史観も満開のとても面白い内容です。

また、129日日曜日に、2年間の受講者の方たちを中心にお招きして(会費制ですが)高宮さん、大川さんに来ていただいて出版記念パーティーを開く予定です。ソプラノ歌手の丸尾有香さんに歌っていただく時間もあり、近くのSAKAEのケータリングも予定しています。もちろん受講生以外も参加できますので楽しみにしてください。

さて、皆様にとって、また、世界にとって、2017年が良いことだらけの素晴らしい年でありますように心からお祈りいたします。

2016年、1年間カフェをご愛顧いただきありがとうございました。そして2017年、始めて6年目に突入しますが、引き続きアーキシップライブラリー&カフェをよろしくお願いいたします。

20161230

飯田善彦

広告