カフェ雑感vol.9

まだまだ暑い日が続いてますが、ハタと気づくと6時半にはすっかり暗くなり、夏は確実に終わりに近づいています。あれだけ盛大に鳴いていたセミの声がいつの間にかコオロギの音色に代わり、強い日差しの中にも秋らしいひそかな風を感じるようになりました。僕は肌がチリチリして汗が噴き出すような夏が好きですから、ああ、もう強い夏が終わってしまった、と毎年この時期になんともいえない喪失感とともに寂しさを感じます。これから、つるべ落としのようにどんどん日が短くなり、身体がこわばる寒くて暗い冬に向かって一挙に突きすすむのがいやでいやでしょうがありません。

さて、前回雑感を書いてからもう半年以上経ちました。学生主体の運営になって9ヶ月、以前やっていた映画祭など自主企画ものはまだ再開できていませんが、その一方日曜日に店を開けるなど、学生からの提案も実行し、その分平日とは異なるお客さんも入ってくれるようになりました。ただ、現在主体的に関わってくれている学生たちも卒業していきますから今後も継続できるか予断を許しませんが、まあ、その時はその時でまた違う展開があるでしょう。

 

今日は二つのイベントを紹介いたします。

 

A+K YEAR.jpg

1つめは、10月から毎月アート+骨董マーケットを開催します。

 

今までも毎年春夏2回、4月と11月にアート+骨董マーケットを開いてきて、最近隣りのLilyにも拡張するようになりました。春は吉田町ストリートを使ったアート+ジャズ祭りに、秋は横浜市主催の関内外オープンに連動しています。

今年はこれらに加え、参加してくれている骨董屋さんの単独マーケットを毎月開くことを始めます。前回の骨董市のとき、そんなに身入りが期待できないのに毎回来ていただいている骨董屋さんになんとか恩返しができないか?いつも無記名的に骨董市に埋もれている彼らは、知れば知るほど、付き合えば付き合うほど個性的で魅力があります。このそれぞれ異なる個性を表現する機会を作れたら面白いのではないか?例えば、いつもはできない展覧会のようにやってもいいし、普段持ってこれないような大量なモノを運び込んでもいい、とにかくそれぞれのやり方で好きなようにカフェを使ってもらい自分を表現してもらいたい!と唐突に思い立ち、皆さんに計ったところ、それぞれに面白い、やろうよ、と二つ返事で賛同いただき実行することにしました。

いつものアート+骨董マーケットを「拡張」個人のマーケットを「独占」と銘打って1年間、毎月第二土日を基本に催します。すでにフライヤーも最終段階、今週印刷し次回の大江戸骨董市から配ってもらえるよう段取りしています。もちろんカフェホームページにも載せます。

だいたいのイベントは思いつきから始まります。うまくいくかどうかわかりませんが、やるからにはうまくいきたい、成功しなきゃ、と全力で立ち向かっています。

 

BookFESTA_nakaku.jpg

2つ目は、中区が主催するブックフェスタへの参加です。依頼があった後、学生たちが話し合って次のイベントで参加することになりました。

 

  1. 10月15日現役大学生による建築講座
  2. 10月22日ダンボールハウスを作ろう!
  3. 11月12日中区町歩きツアー

 

これらの企画は、スタッフ主体のスタッフ会議で話し合う中から生まれました。ライブラリーカフェを起点として社会に関わる取り組み、カフェスタッフが、自主的に社会にコミットしていく意思表示ともいえます。公募してどのくらい人が集まるか全く未知数ですが、小さな一歩ながら、前に進むことができれば、面白い展開になるでしょう。

この雑感を読んだ方は、是非これらの情報をご自分のネットワークに拡散してください。興味を持った方たちがわんさかカフェに集まってくる、そんなとんでもない事態を想像すると楽しくてしょうがありません。

夢が現実になることを心から願ってやみません。

 

2016年9月12日

アーキシップライブラリー&カフェ代表

飯田善彦

 

広告