カフェ雑感 vol.5

6月28日第13回番外日本建築編を最後に、高宮眞介連続講義ーヨーロッパ近代建築史を通して、改めてこれからのデザインを探るーが終了しました。

去年6月から始めたこの連続講義ですが、ルネサンスとマニエリズムを対比的に解説した第1回から、高宮さんの歴史に対する造詣の深さ、多くの書物からの知識と、多くの建築の経験を下敷きにしながら、実践する建築家としての視点から紡ぎ出す言葉、多様で魅力に溢れた言葉を聞きながら、このレクチャーを始めてよかったな、と心からうれしくなりました。

僕自身、高宮さんの講義をガイドラインに、自分の知識、体験、推測、想像を含めて、統合的に理解することができるのではないか、と大いに期待し、それなりの納得もできたように思います。
特に、その建築が生み出された時代を概観しつつこの講義を聞いていると、この500年のヨーロッパ全体を動かしてきた権力構造、政治体制、産業技術、宗教、芸術、哲学、等々の劇的ともいえる変化がもたらす「社会」という背景が、如何に建築に影響しているのか、がよくわかります。

 

高宮さんの講義の特徴は、毎回のテーマに対して2つの対比的概念を掲げ、相関的に解説していくところです。この補助線のおかげで、建築の座標が明確になります。Sein(ザイン)とSchein(シャイン)、など、高宮補助線は独特です。当然ご自分の興味の対象にない建築は出てきません。その一方で好きな建築は度々登場します。連続講義全体で250余の建築が取り上げられましたが、そのどれもが高宮眞介という建築家のバックグラウンドを形作ってきたことに思いを馳せると、高宮さんが生み出してきた、あるいは生みだしつつある多くの美しい建築に、これらの数多ある歴史的建築が繋がっていることに気がつきます。

もしかすると、今回の連続講義の最大の意味はここにあるのかもしれません。

 

7月19日に、全13回の総括を兼ねてクロージングパーティを開きました。その時に受講者全員に、どの時代、どの建築家に興味を持つか、また、今の自分にどう繋がっているのか?という宿題を出して、年表に付箋を貼ってもらいました。最も票が集まったのはミースでしたが、他にもかなり分散しました。逆説的に言えば、その付箋が受講者一人一人に繋がっています。これからどんな建築が生み出されていくのか、それぞれにつながる多様な歴史が、その方向性を決めていく、そのような言い方も可能であるように思います。

あっという間に過ぎましたが、実に充実した1年でした。
改めて、建築家高宮眞介さんに感謝いたします。
すでに講義録があるにもかかわらず、次回のために、1ヶ月間、改めて関連する書籍を紐解き、構成やスライドを何回も修正し、新しく年表や、関係図式を書き起こし、当日に備えて全力で準備してくださったこと、その努力を一言も表に出さずに飄々とカフェにやって来たこと、など僕は知っています。本当にありがとうございました。この1年を通して、ますます尊敬の念が強く、また、ますます頭が上がらなくなりました。なにより、健康でいてくださったこと感謝いたします。

最後の日本編が終わったとき、日本の建築界は、明治以降西洋の思想、技術を取り込むことに専念するあまり、それまで連綿と続いてきた日本的なるものを否定し、むしろ追放してしまった。その中で、そうはいっても、近代以降日本的なるものと建築家はどう折り合いををつけたのか、そのあたりを、何人かの建築家を例に論じてみよう、というような話で盛り上がりました。

もしかすると、このテーマが次の連続講義につながるかもしれません。

 

ご期待ください。

 

 

2014.7.21
飯田善彦

広告